1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 【事例】高齢化社会の高齢化建物にどう向き合っていくべきか

【事例】高齢化社会の高齢化建物にどう向き合っていくべきか

私たちの社会において高齢化が進むのと同様に建物の高齢化が進む中、ひとつずつ変えられるところを変える仕事をしています。今回は一つの事例を紹介します。

入居者ゼロの築30年のアパートの事例

今回のテーマは高齢化社会の高齢化建物です。少子化が進み、我々人間の高齢化はもちろんのこと、私たちが日頃目にしている建物も必然的に高齢化になっています。30年前に建築された建物をいま、ひとつづつ変えられるところを変えていく仕事をしております。

 

築30年の2階建てアパート、昔のタイプで浴室は浴槽が小さいバランス釜、キッチンは経年で面材がよれているお部屋。工事開始時は入居者ゼロからのスタートです。まず、オーナ様と打ち合わせをして、浴室を給湯追い焚きに変更しました。

ここで奇跡が起きました。やる気満々の我々に、神様から新品のキッチンセット6台がプレゼントされたのです。それも浄水スパウト交換可のシングルレバー付きです。繁忙期の入居を目指して工事開始です。

瞬く間に3室成約になりました

工事して募集、工事して募集、工事して募集の繰り返しで瞬く間に3室成約になりました。オーナー様も私も自信がつきました。

 

人間でもアンチエイジングとして、サプリメントなどが存在しますが、30年くらいでいちど大胆なリフォームが出来れば、一生楽しいですけどね。

 

埼玉丸山工務所 不動産部 小川

RELATED INFO

関連情報

STRENGTH

埼玉丸山工務所が選ばれる理由

さいたま市で30年以上に渡り高品質の住まいを提供。

SERVICE

サービス内容

建設会社でありながら、住まいに関するあらゆるサービスを提供。

CASE

事例紹介

埼玉丸山工務所が携った不動産や建物の事例を紹介。